求人広告会社を活用する

医師の求人ならおまかせ!高待遇の求人を紹介!

おススメの医師求人として医療モールでの開業医

日本では、高齢化社会が進行してきているために、大病院の多くは患者が多くなって混雑してきています。そのため、大病院での医師は激務にさらされています。外科医などでは、24時間の勤務を終えた後、さらに半日の勤務をすることがあるようです。勤務医の場合は、医師が体を壊してしまう危険性が高くなってきています。その点、開業医を始めると、ある程度は勤務時間を決められるメリットが出てきます。今年4月の診療報酬改定で、開業医よりも勤務医の診療報酬がアップされましたが、依然として、開業医の方が報酬金額が断然高い状態が続いています。したがって、現在、医師では開業医を目指した方が良い時代になっていると言えます。しかし、医師として開業するには、かなりの資金が必要になってきます。土地や建物の他に、高額な医療機器などを購入しなければならないので、ときに数千万円といった資金が必要になる場合もあります。そうした高額な資金がいるために、開業医を諦めざるを得ない人が大半になっているかと思います。

しかし、最近では開業資金を企業が一部負担してくれる業態が出てきています。大手の調剤薬局チェーンでは、ショッピングモールの中に、いくつかの診療科がある医療モールを設置しているところがあります。医療モールでは、新たに増やしていく流れがあるために、内科や皮膚科などの開業医の求人が行われています。医療モールで開業する医師に対して、調剤薬局チェーンが開業資金の援助や地域向けの広告を支援してくれる体制が整っています。そのため、医療モールは、おススメの医師求人となります。開業資金問題で困っている医師でも、開業医としてスタートすることが可能となる方法になります。医療モールでは、ショッピングモールの中に設置されているので、集客効果が高くなっています。

ショッピング帰りの主婦や忙しいビジネスマンが、医療モールを利用するターゲットとなってきます。医療モールで開業するには、その地域で多くの自分の患者を抱えている勤務医の方が適していると言えそうです。固定の患者がいた方が、医療モールでの経営は順調に推移する可能性は高いです。調剤薬局チェーンでは、医療モールで診療した患者の調剤を併設された薬局で行ってもらうことで、収益を上げようとしています。そうした関係があるため、調剤薬局チェーンでは医療モールの開業医に対しては、最大限のバックアップをしていく体制ができています。したがって、医療モールで開業した方が経営のアドバイスなども受けられるので、通常の開業医よりリスクは低くなりそうです。